幸福会の理念

 
ホーム >  幸福会の理念

幸福会の基本理念(ビジョン)

ノーマライゼーションの理念に則り、多様な福祉サービスを利用者や家族のニーズを尊重して 適切に提供できるよう創意工夫することにより、利用者が個人の尊厳を保持しつつ自立した 地域生活を営むことが出来るよう日夜研鑽を重ね、誠心誠意支援することを基本とする。

27年度事業計画

近年の障害福祉施策においては、障害者基本法の改正に始まり、障害者虐待防止法、障害者総合支援法、障害者差別解消法の成立等、障がいのある人たちを取巻く環境は大きな変革期にあります。

このような中、平成26年1月20日、わが国は障害者権利条約の締結国となりました。
本条約の締結により、知的障がいのある人たちの権利擁護を担うべき社会福祉施設の役割はこれまで以上に重要となります。

当法人に於いては、相談支援事業の実施により、利用者個々のニーズを把握し、各事業サービスとの連携を深め、質の高いサービスを提供する体制となっています。その機能を生かす為にも、サービス提供職員の資質を高め、一人ひとりの障がい特性に応じたサービス提供が可能な人材の育成が必要であり、その研修体制を確立する必要がある。

また、今年度より、グループホームラ・ソーレの定員を4名から7名に増やすとともに、ラ・ソーレと燦シャインで短期入所の事業を開始する。今後、24時間365日の福祉サービスを提供する為にも、その移行期間として利用者のニーズに応じたサービスが提供できる体制作りを進めていきたい。

尚、利用者、保護者の高齢化に伴う、夜間支援事業については、グループホームの機能を強化した施設の展開を検討中である。

多機能型事業所 やまびこ広場(定員80名 実員77名)

就労継続支援B型事業50名(実員48名)
◎利用者の特性に応じた個別支援
◎工賃アップへの取り組み
 施設外就労の拡充、自主製品の開発、官公需の拡大、職員の技術向上
 生活介護事業30名(実員29名)
◎多様なサービスの提供
 重度、最重度、重複障害の利用者への個々の障害特性に応じた支援の充実

就労継続支援事業A型事業所 ソレイユ(定員40名 実員44名)

◎増収増益を図り、高賃金の支給に努める
◎各従業員の特性に応じた能力開発と個別支援
◎社会保険に加入(平成27年4月~)

生活介護事業所 やまびこフレンド(定員20名 実員19名)

◎自閉的傾向や多動傾向、情緒障害のある利用者への安心スペースの提供
◎加齢による体力低下等予防についての取り組み

相談支援事業所やまびこ

◎サービス等利用計画の作成及び利用者ニーズの把握

共同生活援助 ラ・ソーレ(定員7名) 燦シャイン(定員4名)

◎安心安全な夜間支援、食事提供、健康管理

短期入所ラ・ソーレ(定員1名) 燦シャイン(定員1名)

◎緊急時等における、短期間宿泊ができる場所の提供

Copyright © 2015 SWC.KOFUKU-KAI. inc. All Rights Reserved.