幸福会の理念

 
ホーム >  幸福会の理念

幸福会の基本理念(ビジョン)

ノーマライゼーションの理念に則り、多様な福祉サービスを利用者や家族のニーズを尊重して 適切に提供できるよう創意工夫することにより、利用者が個人の尊厳を保持しつつ自立した 地域生活を営むことが出来るよう日夜研鑽を重ね、誠心誠意支援することを基本とする。

30年度事業計画

今年4月、障害者総合支援法の改正法が施行され、報酬改定も行われる。福祉サービスの質や内容が、より重要となることが示された。

今後は、事業所における評価基準の明確化が予想されるので、本法人も再度利用者のニーズ等を確認して事業の在り方やサービス提供内容を見直し、対応できる運営体制作りを行っていく。

平成29年4月より事業を始めたグループホーム ラ・ソーレⅠの運営も安定しており、短期入所等、将来的な自立生活に向けた様々な体験の場としての活用が出来ている。

しかし、法人利用者の高齢化、重度化を考えると、グループホームの増設が急務であり、何らかの方策を検討しなければならない。各事業においても国の施策や利用者の現状を踏まえて、今後の事業展開を検討する重要な時機である。

また、職員の資質向上を目指せる組織作りを構築し、今以上に利用者一人ひとりの特性に応じた支援と人権を尊重したサービスが提供できるように努めるべきである。 同時に、意欲的に且つ安心して働けるキャリアアップの仕組みや待遇も考えていかなければならない。

最後に、法人創立30周年にあたり、記念式典の準備を行っていく。

多機能型事業所 やまびこ広場(定員80名 実員84名)

就労継続支援B型事業40名(実員41名)
◎工賃アップへの取り組み
 施設外就労の拡充、自社製品の開発、共同受注窓口の活用、支援者の技術向上
◎利用者の特性に応じた個別支援
◎就労継続支援A型事業所や一般就労等移行の取り組み
 生活介護事業 40名 (実員43名)
◎多様なサービスの提供
 個々の状況に応じた支援の充実(年齢や障がい特性等)、生産活動の提供、社会資源の活用
◎リスクマネジメントの強化

就労継続支援事業A型事業所 ソレイユ(定員40名 実員45名)

◎増収増益を図り、高賃金の支給に努める
◎各従業員の特性に応じた能力開発と個別支援
◎ライフステージに応じた福祉サービスの提供

生活介護事業所 やまびこフレンド(定員20名 実員20名)

◎自閉症スペクトラム障害や情緒障害のある利用者への安心スペースの提供
◎体力、機能低下の予防についての取り組み
◎個々の状況に応じた支援

相談支援事業所やまびこ

◎サービス等利用計画の作成及び利用者ニーズの把握
◎関係機関との連携

共同生活援助 ラ・ソーレ(定員13名) 燦シャイン(定員4名)

◎安心安全な生活の場所の提供・一人ひとりの実態に応じた支援の実施、食事提供、健康管理

短期入所ラ・ソーレ(定員4名) 燦シャイン(定員1名)

◎緊急時や将来の為に、短期間宿泊ができる場所の提供

Copyright © 2015 SWC.KOFUKU-KAI. inc. All Rights Reserved.